自分の全てが、いつも、あまりにも、幸せ過ぎるので、いつも、暇になり過ぎて、幸せで暇過ぎて、逆に、いつも、発狂しそうで、死にそうだ。

まさか、自分が、そして、自分の全てが、ここまで、幸せになるとは、そして、幸せの状態に、自分の全てが、いつも、あまりにも、幸せ過ぎるので、いつも、暇になり過ぎて、幸せで暇過ぎて、逆に、いつも、発狂しそうで、死にそうである、という、この状態が、存在するとは、全く、思っていなかった。

しかし、全てについて、上は、永遠に、いつも、無限に、存在するので、全てについて、今の幸せの状態より、上の、幸せの状態が、永遠に、いつも、無限に、そして、それら、全てが、永遠に、いつも、無限段階的に、存在していること(それら、全てが、永遠に、いつも、(勿論、)全て、上の方向に向かって、幸せの程度によって、上下の位置が決定されて、無限段階的に、積み重ねられている、ということ)は、明らかなので、それら、全てを、すぐに、永遠に、手に入れるために、今後も、永遠に、いつも、無限に、超加速度的に、上昇し続けていって、全ての、至上の、利益と、幸せを、すぐに、永遠に、手に入れて、それら全てを、永遠に、いつも、享受し続ける。

ある門について

 
自分一人で、のんびりと、過ごしている時、私は、ここ、最近は、いつも、ずっと、「彼氏とのHの時、彼氏の肛門を、どのように、攻めようか」そればかり、考えている。

私は、彼氏とのHの時、いつも、彼氏の肛門を、自分の両手の親指で、思いきり、広げて、じっくりと、観察する。
彼氏の肛門は、本当に、とても、かっこいいし、可愛いし、エロい。

そして、いつも、じっくりと、見ている、彼氏の、その肛門を、私は、自分一人で、のんびりと、過ごしている時、ここ、最近は、いつも、ずっと、頭の中に、思い浮かべながら、「Hの時、あの肛門を、どのように、攻めようか」そればかり、考えている。

彼氏と私は、一年中、いつも、Hしまくっていて、そして、さらに、内面の相性も、体の相性も、最高に、良いので、彼氏も、私も、性欲も、いつも、最高に、満たされていて、すっきりと、している。
それにもかかわらず、私は、ここ、最近、いつも、ずっと、「彼氏の肛門を、どのように、おもちゃにして、遊ぼうか」という、とても、馬鹿みたいで、幸せな欲求が、止まらない。
自分の人生が、本当に、いつも、全ての、悩みが、全く、無くて、そして、さらに、いつも、最高に、平和で、穏やかで、のんびりとしていて、幸せである、証拠かな、と思う。

今後も、永遠に、ずっと、この調子で、行こう。
そして、今後も、永遠に、いつも、無限に、超加速度的に、上昇し続ける。

彼氏と、二人で、旅行

 
先日、彼氏と、二人で、旅行してきた。

旅行中、いつも通り、今回も、二人で、ずっと、だらだらと、そして、のんびりと、過ごしていた。
そして、宿泊した、リゾートホテルの、自分達の部屋に、二人で居た時は、朝や、昼や、夜、時間帯は、一切、関係無く、二人で、ずっと、Hなことをしていた。

今回、宿泊した、リゾートホテルの、目の前にある、海で、二人で、遊んだ時、私が、彼氏に、「私は、あなたに対して、言いたいことがある」と言った後、海に向かって、お腹の底から、思いきり、声を出して、目一杯の、大声で、「私は、あなたを、愛しているーーーーーーーーーーーーーーーーーーー!!!!!!!!!!!!!!!!!!!」と叫ぶと、彼氏は、顔を、とても真っ赤にして、とても照れながら、私に、「ありがとう。オレも」と、小声で、言った。
そして、その後、ホテルの、自分達の部屋に戻って、二人でHをしていたら、Hの最中、彼氏が、「ちんちんが、立ち過ぎて、痛い」と言ったので、私は、死にそうなぐらい、笑った。

 
彼氏と私は、内面の相性も、体の相性も、最高に、良いので、私達二人の関係は、本当に、永遠に、いつも、全ての中で、至上の幸せのうちの、一つだと思う。

 
いつも、愛してくれて、支えてくれて、本当に、どうも、ありがとう。

 
私は、この人を、永遠に、ずっと、守っていくぞ。